Month: 3月 2017

寒くない?

12月に入りましたが日中は暖かな日が続いていますね。

気持ちよくムーブメントしただけでも汗が出てしまうほどだ。

それでも油断してその汗をしばしば拭かなかったりすると、たとえ暖かな日差しが降り注いでいるとはいえ、やはり12月の

様子は刺々しい産物。流感をひいてしまいかねません。

まったく、インフルエンザが蔓延してはいないといえども、目に見えないウィルスはどこに舞っているかもしれませんからね。

此度、流感やインフルエンザなんかにかかってしまったら、どうにか暮れにわたって忙しくなる必要や忘年会?に盲点をあけてしまう。

温かいとはいえ、必ず防寒の対処も忘れないようにしなくてはなりません。

ただ、アウターや外套といったジャケット起因は、着ていない時折ずいぶん家具になってしまいます。

そんなときには、いま流行の無いブルゾンなどは、優しい割合は軽くていいかもしれません。

昼、街角を駆け回り暑くなって脱いでしまっても、日が暮れ出すって急に気温が下がります。

ちょっと寒くなってきたなと感じたら、着けるだけで暖かな薄手のブルゾンは、これからの出発のお伴におすすめです♪xn--dcc-li4bey0dxdzde3d7krkldf8kz064oc7ma.xyz

口紅のカラー

若い頃の画像を確かめる機会がありまして、「この頃は、まったく若々しくて、かわいかったな・・・(笑)」なんて思いながら、眺めていました。それにしても、メーキャップは、随分とじっとやる・・・という様子でした。メーキャップし慣れていない力不足もあるし、流行だったんでしょうかね・・・? 口紅の色調が、ねちっこい(汗)・・・ブラウン系の執念深い色調を好んでいたようですねぇ。

今現在は、ローズ類だ。ローズ類は、顔色も明るく見せてくれ、唇の色調に左右されずに発色しやすい彩りになるんだそうです。こういう口紅の色調は、表皮の色調で決めるといいようですね。たとえば、表皮の色調が白い方は、白い表皮に映えるうれしいローズ類やパウダーロゼ類がお勧めなんだそうです。けれども、唇だけ際立つのは不愉快という方は、パウダーロゼものの暖かいロゼ類が甘い感じにできるのでお勧めだそうです。そうして、小麦色の表皮の方は、小麦色の表皮に馴染み易く綺麗に発色やる、オレンジ類やブラウン類が良いそうです。

その他にも、20代はローズ類、30代や40価格はパウダーロゼやブラウン類が似合うとか、愛くるしくみせたいような時やデートの時はロゼ類、普段使いには、ベージュ類がお勧めなど、各種シーンや、年頃も彩りを変えた方が良いみたいです。上手に使い分けられるといったいいかもしれませんね。http://xn--w8jxa4azlplod2glfw550azo9bmij8j4k.xyz/